トップ 店舗案内 お取り寄せ ごあいさつ スタッフブログ
担々麺 サンラー麺



自信を持っておすすめします
担々麺 / 福岡 大名ちんちん 15年の歳月と共に当店の担々麺とは

本来の担担麺は、汁がありません
故 陳健民氏(四川飯店 創業者)が、日本に四川料理を広める時 日本人の好みに合わせ、鶏ガラでダシをとり、汁がある担担麺を開発し広めました

当店は、15年かかりましたが、これが 担担麺と自信を持ってお出し出来る味に ようやくたどり着きました

何杯も何杯も作り、食べました。
知る限りの担担麺をお出ししているお店には、食べにいきました

15年間作り続け、築きあげた基礎と独自の技法でようやくたどり着いた味です。

こだわりをいくつかご紹介させていただきます

まずは、スープ(ダシ)です。普通は 鶏ガラでダシをとります
当店は、ガラの臭みがいやだったので脂身のない鶏胸肉と8種類の野菜,昆布を半日炊いて、半日寝かしてスープを作っています

次に、胡麻です
様々な、胡麻で作りましたが、今使っている胡麻が一番風味が良いです
その厳選した胡麻を毎日丹念に煎っています
この煎り方が、大変難しいのです
煎りすぎてもだめ、煎りが少なくてもだめ
熟練された職人技で絶妙なタイミングに煎りあげるのです
そのごまをミキサーで、ごまから油がでてペースト状になるまですりおろします
通常は、スリおろしたごまに油を入れ練り混ぜてごまをペースト状にします
当店は、余計な油を使いたくなかったので独自のやり方で作っています
いわば、余計な油を使わずに天然ごま油でごまのペーストを作っています
(芝麻醤 チーマージャン)

次に、自家製 ラー油です
10種類の野菜,ハーブ,厳選した3種類の唐辛子,なたね油で ただ辣いのではなく味のある辣さのラー油を作っています

次に、麺です
細目でこしのある麺が合うので、冷麺用の麺を使っています

トッピングは、歯ごたえと甘味を考え
甘く炒めた肉みそ,シャキシャキのモヤシ,コリコリのキクラゲです

そして、最後にたどり着いた究極のこだわりです

15年間の集大成となった物をあみだしました 全ての素材の旨みを引き出しまとめてくれたんです
化学的な物ではなく、天然物でです

これは、大きな大きな発見でした
残念ですが、これは公表できません

とにかく、全てにこだわり抜いた担担麺 究極の担担麺です


スタッフ一同心よりおまちしております。



Copyright (C) 2013 CHINCHIN Co.ltd., All Rights Reserved.